パーソナルツール
現在の場所: ホーム ブログ
« 2017September »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
このBlogについて
 代表の向井田ことMUKAです。当ブログサイトでは、MAGICやDB2に関する技術者向け情報を公開しています。お気軽にお立ち寄り下さい。
最近のエントリ
twitter / 新RT機能を英語モードで・・・ muka 2009年11月19日
twitter / List Widget muka 2009年11月03日
twitter API / Retweet の仕様が・・・ muka 2009年10月30日
twitter API / Lists muka 2009年10月24日
IBM Rational Software Conference 2009 と アジャイル開発 muka 2009年10月08日
twitter API / geoタグ! muka 2009年10月01日
Twitter Developers Meetup in Tokyo muka 2009年09月11日
Club DB2 2009/9/4 muka 2009年09月05日
最近のコメント
Re:Club DB2 2009/8/29 muka 2009年09月01日
Re:Club DB2 2009/8/29 SIM 2009年08月31日
最近のトラックバック
Club DB2 8/29の感想エントリと今後の予定 Unofficial DB2 BLOG 2009年09月01日
カテゴリ
misc (47)
dbMAGIC (47)
DB2 (47)
mail (47)
Web (47)
twitter (47)
 

twitter / 新RT機能を英語モードで・・・


 さて Twitter の新ReTweet機能ですが、今日から多くのBETAユーザが利用を始めているようです。
 しかし、非BETAユーザの場合でも、Twitterの言語設定を「英語」に変更することにより、機能が使えることを知りまして、早速私も試してみました。

 下図はブラウザのイメージですが、上部にガイダンスが表示されている様子を表しています。

 New_RT.jpg
 
 ちなみに、Retweet したTweetは、Retweet元の発信者のTweetとして表示されるようです(機能が追加されていない従来モードではRetweetしたユーザの発言として表示)。
 そのためタイムライン上に通常では見慣れないアイコンやユーザ名が表示されることになるのですが、開いたユーザが驚かないように丁寧にガイダンス(上図の例では、「Wondering who this is?」と表示されている)を出してくれる仕様になっています(不要になった段階で閉じることが可能)。

 この新RT機能について説明は、「TwitterのウィリアムズCEO、公式RT機能について説明」の記事が参考になります。やはりコメントを付けられないという仕様については賛否両論あるようですね!

 さてここからは蛇足なんですけど、Retweetと返信機能(Reply To)の関係を実験しました。なにぶん、興味本位なのですが・・・。

  • Webを使い、RetweetへReplyToしようとすると、転載した人ではなく最初にTweetした人へのReplyToになる
  • 自分のTweetへのRetweet(ユーザタイムラインなどで表示)にはReplyToできない(結局、自分へのReplyToになるので・・・)
  • APIを使用し、Retweet した発言へ ReplyTo したとき、「in_reply_to_status_id」のStatus番号はRetweet した発言の番号で保存される。
  • しかし、Webの画面上でリンク(「xxx宛て」の表示部 英語モードでは「in reply to xxx」)をクリックすると元Tweetのものを表示する。(つまり途中のRetweetしたものを飛ばしてオリジナルを表示しようとする・・・)


<テストデータ>

  1. 元Tweet
    id: 5853089962
    http://twitter.com/statuses/show/5853089962.xml
    text: "皆さん! 新規 Retweet 機能は、「設定」の使用言語を、英語に変更すると使えるYoh!です お試しアレ!"
  2. Retweet
    id: 5853141180 ← 新モードではリンクも元Tweetを表示してしまう...
    http://twitter.com/statuses/show/5853141180.xml
    text: "RT @shingen_takeda: 皆さん! 新規 Retweet 機能は、「設定」の使用言語を、英語に変更すると使えるYoh!です お試しアレ!"
    retweeted_status/id: 5853089962
  3. Retweetへの返信
    id: 5854927143
    http://twitter.com/statuses/show/5854927143.xml
    text: "@muka_ RetweetへのReplyToを試しています。"
    in_reply_to_status_id: 5853141180


まとめ

 言語設定を英語にすることにより、日本語モードでは未公開の新RT機能を使うことができる。
 新RT機能はRetweetされた元のTweetをタイムライン上等に表示しようとする。
 ReplyToが絡んだ場合も元Tweetが返信先や表示先の基準となる。


その他

 XMLのスキーマ的には、前回紹介させて頂いたように、ドラフトのものではなく、新しいものになっていました。
 また、追加された下記の機能のAPIも利用が可能です。


twitter API / Retweet の仕様が・・・ twitter API / Retweet の仕様が・・・
サイズ 8416 - File type text/html
カテゴリ
misc
twitter

twitter / List Widget

 ついにリスト機能も全ユーザが使えるようになりましたね。
 今日は更に「List Widget」なるものが公開されたようです。
 これは、任意のリストを指定して、そのタイムラインを任意のページに貼り付けられるツールです。こちらのページからスクリプトの生成が可能です。
 ためしに、前回作成したリストを指定して作成し、このブログページに貼り付けてみました。
 なかなかクール!

List Widget


カテゴリ
misc
twitter

twitter API / Retweet の仕様が・・・

 List機能を調べていて気付いたんですけど、APIで返ってくるRetweetに関するXMLの構造がドラフトで公開されている情報と微妙に異なっている模様です。


 まず、ドラフトのページでサンプルとして挙げられているソースをXMLスキーマとして図に示すと次のようになります。

tw_ret_01.jpg


 ところが実際は、違った構造に変わっていました。
 次のソースは、「/statuses/home_timeline」を使用して実際に取得したものです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<statuses type="array">
<status>
  <created_at>Thu Oct 29 16:48:39 +0000 2009</created_at>
  <id>5263226419</id>
  <text>RT @kevinhendricks: The best way to avoid DM phishing on
Twitter? Don't automatically follow everyone who follows you.</text>
  <source>web</source>
  <truncated>false</truncated>
  <in_reply_to_status_id/>
  <in_reply_to_user_id/>
  <favorited>false</favorited>
  <in_reply_to_screen_name/>
  <retweeted_status>
    <created_at>Thu Oct 29 16:20:19 +0000 2009</created_at>
    <id>5262542304</id>
    <text>The best way to avoid DM phishing on Twitter? Don't automatically
 follow everyone who follows you.</text>
    <source>&lt;a href="http://www.hootsuite.com"
rel="nofollow"&gt;HootSuite&lt;/a&gt;</source>
    <truncated>false</truncated>
    <in_reply_to_status_id/>
    <in_reply_to_user_id/>
    <favorited>false</favorited>
    <in_reply_to_screen_name/>
    <user>
      <id>6459792</id>
      <name>Kevin D. Hendricks</name>
      <screen_name>kevinhendricks</screen_name>
      <location>St. Paul, MN</location>
      <description>Work: Writer/editor, content guru &amp; Internet
 geek. Family: Husband, dad, dogs. Distractions: Public art, U2 &amp;
 yo-yos. Needs: Love, hope &amp; grace.</description>
      <profile_image_url>
http://a3.twimg.com/profile_images/489534755/twitter_normal.jpg
</profile_image_url>
      <url>http://www.kevindhendricks.com</url>
      <protected>false</protected>
      <followers_count>1171</followers_count>
      <profile_background_color>9ae4e8</profile_background_color>
      <profile_text_color>000000</profile_text_color>
      <profile_link_color>0000ff</profile_link_color>
      <profile_sidebar_fill_color>e0ff92</profile_sidebar_fill_color>
      <profile_sidebar_border_color>87bc44</profile_sidebar_border_color>
      <friends_count>369</friends_count>
      <created_at>Thu May 31 02:36:09 +0000 2007</created_at>
      <favourites_count>338</favourites_count>
      <utc_offset>-21600</utc_offset>
      <time_zone>Central Time (US &amp; Canada)</time_zone>
      <profile_background_image_url>
http://a3.twimg.com/profile_background_images/
4439633/background2.gif</profile_background_image_url>
      <profile_background_tile>false</profile_background_tile>
      <statuses_count>5336</statuses_count>
      <notifications/>
      <geo_enabled>false</geo_enabled>
      <verified>false</verified>
      <following/>
    </user>
    <geo/>
  </retweeted_status>
  <user>
    <id>20</id>
    <name>Evan Williams</name>
    <screen_name>ev</screen_name>
    <location>San Francisco, CA, US</location>
    <description>CEO of Twitter</description>
    <profile_image_url>
http://a1.twimg.com/profile_images/66154838/ev-sky_bigger_normal.jpg
</profile_image_url>
    <url>http://evhead.com</url>
    <protected>false</protected>
    <followers_count>1176029</followers_count>
    <profile_background_color>C0DEED</profile_background_color>
    <profile_text_color>301630</profile_text_color>
    <profile_link_color>b30000</profile_link_color>
    <profile_sidebar_fill_color>e8e2c5</profile_sidebar_fill_color>
    <profile_sidebar_border_color>6f7578</profile_sidebar_border_color>
    <friends_count>915</friends_count>
    <created_at>Tue Mar 21 21:02:31 +0000 2006</created_at>
    <favourites_count>1224</favourites_count>
    <utc_offset>-28800</utc_offset>
    <time_zone>Pacific Time (US &amp; Canada)</time_zone>
    <profile_background_image_url>
http://s.twimg.com/a/1256778767/images/themes/theme15/bg.png
</profile_background_image_url>
    <profile_background_tile>false</profile_background_tile>
    <statuses_count>4691</statuses_count>
    <notifications/>
    <geo_enabled>false</geo_enabled>
    <verified>false</verified>
    <following/>
  </user>
  <geo/>
</status>
・・・ 省略
</statuses>
これを同じくXMLスキーマで図示すると下図のようになります。
 まず、要素名「retweet_details」が「retweeted_status」に変わった模様です。 

tw_ret_02.jpg

 更に、その下位の要素が「/statues/status」配下の要素と相似関係となりその殆どが同名で参照するように変わっています。
 例えば、ステータスidが以前は「retweet_id」でしたが「id」に、作成時刻が以前は「retweeted_at」でしたが「created_at」に、ユーザの情報が以前は、「retweeting_user」でしたが、「user」に、要素の並びも同じになったといっても良いでしょう。


tw_ret_03.jpg

 これによって、ユーザ情報をあらわす「/statuses/status/user」や「/statuses/status/user/retweeted_status/user」は、いずれもスキーマ上の同じグローバルな「user」要素を参照できるようになりましたし、並んでいる他の要素のメンバーも同じになることによってコーディングも楽になったと言って良いでしょう。
 関連を表す情報として、「/statuses/status/id」と「/statuses/status/retweeted_status/id」を記録することにより、Retweetのスレッド表示などが可能になりそうです。

 ちなみに、下記の新しく追加される予定の仕様については、現状使うことができませんでした。
(もう間もなくでしょう・・・?)
  • statuses/retweeted_by_me
  • statuses/retweeted_to_me
  • statuses/retweets_of_me
だんだんと、楽しくなってきますねぇ・・・!

カテゴリ
twitter