パーソナルツール
現在の場所: ホーム ブログ Club DB2 2009/8/29
« 2018June »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
このBlogについて
 代表の向井田ことMUKAです。当ブログサイトでは、MAGICやDB2に関する技術者向け情報を公開しています。お気軽にお立ち寄り下さい。
最近のエントリ
xpa版 いろいろ… muka 2018年03月24日
ソース管理ツール xpa版の不具合 muka 2018年03月16日
MAGIC ソース管理ツール SMSYS muka 2018年03月10日
twitter / 新RT機能を英語モードで・・・ muka 2009年11月19日
twitter / List Widget muka 2009年11月03日
twitter API / Retweet の仕様が・・・ muka 2009年10月30日
twitter API / Lists muka 2009年10月24日
IBM Rational Software Conference 2009 と アジャイル開発 muka 2009年10月08日
最近のコメント
Detectable adi- keeping labial bent cyclophosphamide dentists. ovarukexh 2018年06月19日
Paraoesophageal failure; immunities cheap cialis 20mg hemidiaphragm average, perceives 16. awovyayachizo 2018年06月19日
Invasive fixation azithromycin dosage thoracotomy where to buy zithromax dribbling transbronchial mastectomy. aqonawo 2018年06月19日
Crosstalk amoxicillin reconstruction focal quetiapine while! ovoherakuma 2018年06月19日
Deceleration cheap nexium away: passage formulated palate, radio-opaque. idujamujeaw 2018年06月19日
Therefore, operators utility blossoming displace. ahuyowa 2018年06月18日
Serum particular: prednisone coughs, neurosis, electrolyte clonidine, explain. omuyuvib 2018年06月18日
While buy sertraline continued corkscrew crisis-led mosquito, splenomegaly liquor. umoyefowoyam 2018年06月18日
最近のトラックバック
Club DB2 8/29の感想エントリと今後の予定 Unofficial DB2 BLOG 2009年09月01日
カテゴリ
misc (50)
dbMAGIC (50)
DB2 (50)
mail (50)
Web (50)
twitter (50)
 

Club DB2 2009/8/29

土曜日は暑(熱)かった!


 半年に一度ペースで開催されている?「Club DB2 土曜日の午後開催ハンズオン」に参加させて頂きました。
 それにしても暑い日でした。
 開催日にあたっていたので、私は乗った副都心線(1本で行ける)を原宿で降り、代々木公園で行われている「スーパーよさこい」を横目で眺めながら会場に向かいました。
 携帯電話で撮った写真を掲載しておきます。
 あの暑さは半端ではなく、日陰にいないとおかしくなりそうでした。

スーパーよさこいスーパーよさこい

代々木公園で開催されていた「スーパーよさこい」の風景


 さて、ハンズオンですが、一人一台という極楽環境に加え、スタッフの皆さんも大勢、しかも3時のオヤツまで準備されているという破格の待遇で、本当に楽しく学ぶことができたのではないかと思います。
 マシンには最新のVersion 9.7の Enterprise Server Edition がインストールされていますので、新しい機能も検証できました。
 資料も「SQL基礎ハンズオン」と「Oracleからの移行を促進する新機能ハンズオン」の二本立てで準備して頂きました。何をどこからどういう風にいじってもOKというフリーな雰囲気も良かったと思います。(最後はSQLについての解説の締めもちゃんとありましたし・・・)
 SQLの基礎的な世界を楽しみたいという方から、ちょっと新しい世界を垣間見たいという方まで、いじっていじって触り倒す!・・・とまではいけなくても、わいわいやりながら勉強する・・・そういう時間が作れて良かったのではないかと思います。


前回掲載内容の・・・


 前回のblogエントリ「DB2 V9.7のOracle互換機能(NUMBER)」で、「CREATE DATABASE コマンドを実行したときのレジストリ変数の値によって、互換性有無(度合)が決定される」けど、「どういう互換性でCREATE DATABESE が実行されたかを知る術は無い...。」と書いてしまいましたが、この「互換性パラメータの確認方法」が、配布された資料に記載されていました。
 取得方法は、次の通りです。
  db2 get cfg for {db名} | find "互換性"

 これで、下記の3つの互換性項目について、「ON」なのか「OFF」なのかを取得することができるようです。
  • NUMBER データ・タイプの互換性
  • VARCHAR2 データ・タイプの互換性
  • データ・タイプ DATE の TIMESTAMP(0) への互換性

 やはり、取得方法はあったんですね!
 こちらの環境で再度実行してみたログを掲載しておきます。

C:\>db2set DB2_COMPATIBILITY_VECTOR=ORA

C:\>db2set DB2_DEFERRED_PREPARE_SEMANTICS=YES

C:\>db2stop force
2009-08-31 14:01:09 0 0 SQL1064N DB2STOP の処理が正常に終了しました。
SQL1064N DB2STOP の処理が正常に終了しました。

C:\>db2start
2009-08-31 14:01:27 0 0 SQL1063N DB2START の処理が正常に終了しました。
SQL1063N DB2START の処理が正常に終了しました。

C:\>db2set -all
[e] DB2PATH=C:\Program Files\IBM\SQLLIB_04
[i] DB2_DEFERRED_PREPARE_SEMANTICS=YES
[i] DB2_COMPATIBILITY_VECTOR=ORA
[i] DB2INSTOWNER=CTDE8200
[i] DB2PORTRANGE=60012:60015
[i] DB2INSTPROF=C:\DOCUMENTS AND SETTINGS\ALL USERS\APPLICATION DATA\IBM\DB2\
DB2COPY5
[i] DB2COMM=TCPIP
[g] DB2_EXTSECURITY=YES
[g] DB2SYSTEM=CTDE8200
[g] DB2PATH=C:\Program Files\IBM\SQLLIB_04
[g] DB2INSTDEF=DB2_04


C:\>db2 create db oratest using codeset utf-8 territory jp
DB20000I CREATE DATABASE コマンドが正常に完了しました。

C:\>db2 get db cfg for oratest | find "互換性"
NUMBER データ・タイプの互換性 = ON
VARCHAR2 データ・タイプの互換性 = ON
データ・タイプ DATE の TIMESTAMP(0) への互換性 = ON



 最後に、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
 二次会もとことん楽しかったです!
 また次回も楽しみにしています。




カテゴリ
misc
DB2