パーソナルツール
現在の場所: ホーム ブログ MAGIC + DB2 で XQuery(1)
« 2018January »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
このBlogについて
 代表の向井田ことMUKAです。当ブログサイトでは、MAGICやDB2に関する技術者向け情報を公開しています。お気軽にお立ち寄り下さい。
最近のエントリ
twitter / 新RT機能を英語モードで・・・ muka 2009年11月19日
twitter / List Widget muka 2009年11月03日
twitter API / Retweet の仕様が・・・ muka 2009年10月30日
twitter API / Lists muka 2009年10月24日
IBM Rational Software Conference 2009 と アジャイル開発 muka 2009年10月08日
twitter API / geoタグ! muka 2009年10月01日
Twitter Developers Meetup in Tokyo muka 2009年09月11日
Club DB2 2009/9/4 muka 2009年09月05日
最近のコメント
Re:Club DB2 2009/8/29 muka 2009年09月01日
Re:Club DB2 2009/8/29 SIM 2009年08月31日
最近のトラックバック
Club DB2 8/29の感想エントリと今後の予定 Unofficial DB2 BLOG 2009年09月01日
カテゴリ
misc (47)
dbMAGIC (47)
DB2 (47)
mail (47)
Web (47)
twitter (47)
 

MAGIC + DB2 で XQuery(1)



ハイブリッドデータベースDB2 9(デービー・ツー・ナイン)


 昨年の6月にアナウンスがあったとき、製品発表会に参加したんですね。確か「Viper Night」という洒落た名前のカクテルパーティだったと思うんだけど、今まで参加したことの無いような、ちょっとハイセンスな発表会だったのを覚えております。
 その後、無料のハンズオンセミナーに参加させて頂きまして、その潜在能力の素晴らしさに驚かされました。他社データベースと比較した技術資料(その資料だけは配布されなかったんですが...)なんかはちょっとインパクトがありまして、かなり良いんじゃないかな?なんて思いました。(すぐ洗脳されやすいタイプなもので・・・。(^^;)
 そんで、いつか自分もMAGICのアプリケーション開発の中でそれが使えるようになれば良いなぁ・・・と思っていたという次第です。


MAGIC V10でDB2の新機能は使えるか?


 さて、問題となるのは、MAGIC V10のDB2ゲートウェイですが、「DB2 9」への対応は正式にはうたっていないと思います。
 ですが、完全対応とまではいかないものの、そこそこに対応してくれたんじゃないでしょうか?細かいところで前よりも良くなっていますから・・・。
 で、いろいろと試行錯誤してみたんですが、なんとかMAGICからも「XMLデータベースとして使えそうかな?」という見解が出ました。
 DB2 9を、XMLデータベースとして使用するためには、最低でも次のような要件が必要になります。

  1. テーブル中に「XML」タイプのカラムを定義できること
  2. XQueryやSQL/XMLを使って検索処理を行うことができること
  3. 「XML」タイプのカラムへのアクセス
 
 これらの詳細についてはまだ言及しませんが、順を追って説明させて頂きたいと思っています。


準備編


DB2 9のインストール

 DB2 9は、開発者への無償版である「Express-C」を使用することが可能です。
 Windows XPのProfessionalなら通常版でOKです。最近、VISTA用のモジュールがアップされた模様です。
 IBMのWebサイト(http://www-06.ibm.com/jp/software/data/db2express-c/)からダウンロードが可能です。(ユーザ登録が必要です。)

 ダウンロードしたセットアップ・プログラム(setup.exe)を実行し、インストールを実行します。
 「セットアップ・ランチパッド」という画面が表示されますので、「製品のインストール」から「新規インストール」を選択して下さい。
 途中、「インストール・タイプ」の選択画面が表示されますが、「標準」でOKです。
 以後、殆ど初期値のままでインストールを進めてください。

DB2ゲートウェイのMAGIC V10への組み込み

 MAGIC V10のインストール時にゲートウェイからDB2を選択します。
 組み込むのを忘れて後から追加する場合は、セットアッププログラムを起動し、「変更」からモジュールを組み込んで下さい。
 起動するMAGIC.INI の MAGIC_GATEWAYSセクションに下記の記述があることを確認しておきます。

[MAGIC_GATEWAYS]
MGDB18=Gateways\MGdb2.DLL

 さて、ここまで準備はできたでしょうか?
 次回は、実際に、データベースの作成などを行ってみたいと考えています。



カテゴリ
dbMAGIC
DB2