パーソナルツール
現在の場所: ホーム MAGIC Decrypter MAGIC Decrypter Ver1.11 をリリース

MAGIC Decrypter Ver1.11 をリリース

MAGIC Decrypter Ver1.11 をリリースしました。

★1.10(2007/07/02版)からの修正事項


MAGIC Decrypter Ver1.10(2007/07/02版)からの修正事項は次の通りです。

  1. Excel出力機能の改善

     Excel出力の際のカラムの最大サイズが従来は250バイトに制限されていましたが、これを改善し、1000バイトか30行(カラム内の折り返し行数)を超えない範囲で出力できるように処理を改善しました。
     これにより、下記の出力処理が改善されました。
    • プログラム特性のリファレンスのコール位置
    • テーブル特性のリファレンスの詳細情報(「場所」列)

  2. 不具合の修正

     下記の不具合を修正しました。
    • プログラム特性の画面に配置している「Excel出力」ボタンを押しても出力用のダイアログが表示されない不具合を修正しました。
    • リポジトリ読み込みの際に、空のコンポーネントの定義があると、読み飛ばしてしまい、結果としてデータのリンクがズレてしまう不具合を修正しました。