HOME > 製品案内 > MAGIC ソース管理ツール

MAGICソース管理ツール SMSYS

 magicのソースはxmlになっているのにも関わらず、なかなかそれを利用しきれないなぁと感じたことはありませんか?
 ドキュメント作業を行う際に、ちょっとテキストをコピペしようと思ってもなかなかそれができなかったということはありませんか?
 当ツールは「magicのソースにアクセスしたらどんなことができるだろう?」という疑問を投げかけ、それを開発者の視点からまとめあげたツールになっています。

 フリーソフトとして公開しています。
 ご利用いただいた評価をもとに機能を改善していますので、お気軽にご評価・ご要望などお寄せ下さい。

 もうかれこれ10年以上前になりますが、magicがV9からMAGIC eDevelopper Studio V10(いわゆるV10)になってソースがxmlになったときは胸がわくわくしたことを覚えております。
 旧サイト(現在非公開)では、ソース解析の方法を調べ、文書をblogにアップしたりしました。xqueryを使ってアクセスしたらどうなるかなんてことも書いたことがありました。
 その後、少し間があっていろいろなプロジェクトに携わりました。そうした中で感じたことは、「もっとmagicのソースを直接利用できるようになれば開発作業その他の効率は向上すると思うのに、現場では殆どされていない」という現実でした。
 もしかしたらxmlに対する敷居の高さもあるのかも知れませんが、利用する開発ツールに対する理解は自分を助けることにつながると思います。そんな敷居を少しでも低くすることができたらと思いつつ、このツールを開発しています。

特徴

  • magic xpa のソースビュアーとして利用が可能です。
    利用方法は基本的にMAGICのリポジトリにアクセスする方法と同じです。
    極力、開発画面と同じような表示になるよう努めていますが、アイデアにより敢えて変えている場所もあります。
  • 基本オブジェクト(モデル、データ、プログラム、ヘルプ、権利、メニュー、コンポーネント)の一覧はプロジェクトを選択した時点で一括で取得します。
    プログラムは、それを指定して読み込んだ時点で内容を解析します。そのとき、モデルやデータ、メインプログラムのオブジェクトとの関連を取得します。
    データのカラムの取得も同様です。
    関連付けられたオブジェクト間ではそのリファレンスの有無を表示します。例えばモデルの一覧を表示するとプログラムやデータと関連のあるものにマーク(参照用のボタン)がつきます。ここはmagicのクロスリファレンスとは逆の処理になります。
    一括でプログラムやデータの解析を行う機能があります。
    小規模のプロジェクトや「ちょい見」で使うのであればメモリデータ(memory G/W)で十分でしょう。しかし少し規模のあるプロジェクトを全て解析させておくとなるとSQL系(Microsoft SQL Server)のデータにしたほうがいいかも知れません。(設定変更は画面で可能)
  • 例えば、あるプロジェクトはコンポーネントとして作成されているとしましょう。そのオブジェクト(データやプログラム)をホストプロジェクトに移行するのは結構手間(インポート先のモデルやプログラム番号を全て合わせる等)がかかります。
    当システムではコンポーネントとホストプロジェクトの関係を自動的に認識し、置き換えられるオブジェクトを自動で、そうでないものは手動で指定が可能です。そうして指示を行うことによりエクスポートしたソースを自動的に書き換えることが可能です。
  • コンポーネントとしての仕様を公開しています。これにより、拡張した機能を実現したり、自社のアプリケーションに組み込みんでの利用が可能です。

ダウンロード

対応するMAGICのバージョン Magic xpa 3.2 Enterprise Studio (実行版)
Magic xpa 3.2 Enterprise Client
SMSYS 最新版のバージョン Version 0.95 2018/10/01版
ダウンロード
インストール方法 インストール用のプロジェクト、もしくはマニュアル設定により
(アーカイブに添付のドキュメントを参照して下さい)

問い合わせ先
株式会社エターナルデザイン
〒176-0022 東京都練馬区向山4-4-21
電話:03-5241-1664
mail : support@eternaldesign.jp

このサイトは、株式会社エターナルデザインのコーポーレートサイトです。